本園はキリスト教精神にもとづいて、園にかかわるすべての人々が、神の祝福と愛と
恵みの中で、幼子を中心として、神に感謝しつつ保育をする。心身の発達と人格形成
の基礎となる最も大切なこの時期に、望ましい環境を整え、家庭支援や地域との関わり
を重視しながら、幼子にとっての最善の保育を目指す。

児童福祉法に基づき、保育を必要とする乳幼児を家庭にかわって保育いたします。
幼児は適当な良い環境を経験することによって人格が生み出されます。
二度とない貴重な幼児期・人格形成の大切な時期に、イエス・キリストが教えられ、
見本を示された愛の心をもってあたえられる特定の保育は、心身の円満な発達と
基本的な日常生活習慣や、正しいものの考え方と態度を養い、豊かな情操が確立
されることを願って保育をいたします。
一人ひとりの幼児が将来、人生をただ自分のためばかりではなく、隣の人の喜びの
ため、またすべての人の幸福のために、生きることが出来る大人へと自立し、成長
することを願っています。
モンテッソーリ保育