マリア・モンテッソーリ(1870〜1952年)が考案した教育です。女史はイタリア
の医師で教育者。医学的な知識と子どもの観察を通して、子どもの自己発達を助
ける有効な手段としての教具を多数開発する。
モンテッソーリ教育は、第1に子どもの発達を助けるための環境整備の必要性と
第2に自己教育力(自己形成力)の援助、すなわち子どもの自発性・自主性・自己
発展の援助の必要性、これら二つの要件を果たすように構成されている。
それで本園では、一人ひとりの子どもが、その持てる力を最大限に発揮しその子
どもが今いる発達段階を充実していき、最終的に「全人格的な発達」を遂げ
「自己実現」できるようにモンテッソーリ教育を行う。
  1. 自発的活動の援助
  2. 自由の保障
  3. 環境による教育
子どもの内的発達に基づいて教育領域を分け実践される。
  1. 日常生活訓練
  2. 感覚課程
  3. 言語課程
  4. 数課程
  5. 文化課程
  1. 道徳的な生活のできる子ども。
  2. 自主性があり、自己教育できる子ども。
  3. 知性と想像力を持つ子供。
  4. 人間の平和に寄与する子ども。
◎日常生活訓練課程プログラム
  • 第一グループ・・・自分自身(身づくろい)に関するもの
  • 第二グループ・・・環境(身のまわり)への適応に関するもの
  • 第三グループ・・・社会への適応に関するもの(社会性)
  • 第四グループ・・・運動の調整のための集団的練習
◎感覚課程プログラム
◎言語課程プログラム
◎数課程プログラム
◎文化プログラムT
◎文化プログラムU
  • 歴史
  • 生物
  • 物理、化学



戻る